ページのコンテンツが何らかのエラーによって表示されなかったり、アップロードしたファイルが更新されないなどの不具合が発生した場合には、ブラウザのキャッシュをクリアすると改善する場合があります。

ブラウザのキャッシュをクリアする方法はブラウザーによって異なります。この文書では、以下の主要ブラウザの手順を説明しています。

ブラウザのキャッシュをクリアしても直らない場合は、端末の再起動もお試しください。

Windows の場合

Mac の場合

A. Windows の場合

A-1. Internet Explorer

Internet Explorer 11 でキャッシュをクリアにするには、以下の操作手順を行います。

  • Internet Explorer を起動し、ツールアイコン/インターネットオプション を選択します。

  • インターネットオプション ウィンドウが表示されたら、全般タブの「閲覧の履歴」セクションで「削除」ボタンをクリックします。

  • 問題の履歴の削除 ウィンドウで、「お気に入り Web サイトデータを保持する」以外のオプションのチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。
    ※ 「お気に入り Web サイトデータを保持する」のチェックは外し、それ以外のオプションはチェックを入れます。

  • インターネットオプション ウィンドウに戻ります。「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。

A-2. Microsoft Edge

  • Microsoft Edge を起動します。

  • 画面右上の「設定など」をクリックします。

  • 閲覧データの消去 ウィンドウで、以下の操作を行います。

    • 「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れます。
      ※その他の項目も必要に応じてチェックを入れてください。
    • 「クリア」ボタンをクリックします。

A-3. Firefox

  • Firefox を起動します。

  • オプションウィンドウで、以下の操作を行います。

    • 「プライバシーとセキュリティ」を選択します。
    • 「Cookie とサイトデータ」セクションで「データ消去」をクリックします。

  • データを消去ウィンドウで、「ウェブコンテンツのキャッシュ」にチェックを入れ「消去」ボタンをクリックします。

A-4. Chrome

  • Chrome を起動し、ウィンドウ右上のメニューから/履歴/履歴 を選択します。

  • 履歴が表示されたら、左側のメニューをクリックします。

  • 「閲覧履歴データを削除する」をクリックします。

  • 「データを消去」ボタンをクリックします。

B. Mac の場合

B-1. Safari

  • Safari を起動し、Safari メニュー/環境設定 を選択します。

  • ウィンドウが表示されたら、詳細タブを選択し、ウィンドウ下部の「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れます。

  • 開発メニュー/キャッシュを空にする を選択します。

B-2. Firefox

  • Firefox を起動し、環境設定 を選択します。

  • 設定ウィンドウで、以下の操作を行います。

    • 「プライバシーとセキュリティ」を選択します。
    • 「Cookie とサイトデータ」セクションで「データ消去」をクリックします。

  • 「ウェブコンテンツのキャッシュ」にチェックをし、「消去」ボタンをクリックします。

B-3. Chrome

  • Chrome を起動し、環境設定 を選択します。

  • 設定ウィンドウが表示されたら、詳細設定 をクリックします。

  • 設定ウィンドウの「プライバシーとセキュリティ」セクションで「閲覧履歴データを削除する」をクリックします。

  • 「キャッシュされた画像とファイル」にチェックをし、「データを消去」をクリックします。