Outlook 2019(Outlook 365)

初めてOutlookを利用する場合

メールアドレスを入力し、「詳細オプション」をクリック。
「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、接続ボタンを押してください。

すでにOutlookを利用中の場合

Outlookを立ち上げ、「ファイル」をクリックします。

「アカウントの追加」をクリックします。

メールアドレスを入力し、「詳細オプション」をクリック。
「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、接続ボタンを押してください。

アカウントの種類を「POP」もしくは「IMAP」をクリックします。

アカウントの設定情報を入力します。入力後は「次へ」をクリックします。

サーバー別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ポート995 ※IMAPの場合は993
このサーバーは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要チェック 【あり】
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要チェック 【なし】
サーバー別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ポート465
暗号化方法SSL/TLS
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要チェック 【なし】

パスワードを入力し、「接続」をクリックします。

「アカウントが正常に追加されました」と出たら、「完了」を押して画面を閉じ、続けてSMTP認証設定を行ってください。

メイン画面の「ファイル」をクリックします。

「アカウント設定」のメニュー内にある、「プロファイルの管理(O)」をクリックします。

メールアドレスを選択して「変更」をクリックします。

「詳細設定(M)」をクリックします。

「送信サーバー」タブをクリックします。
「送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」と、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」の2か所にチェックが入っていることを確認し、「OK」をクリックします。

メイン画面の「ファイル」をクリックします。

「アカウント設定」のメニュー内にある、「アカウント設定(A)」をクリックします。

「フォルダー設定」の「ルートフォルダーのパス」に『inbox』と入力し、「次へ」をクリックして画面を閉じてください。