メールソフトの設定

メールソフトへの設定に関しては、下記の情報をご参照の上、行ってください。

メールソフトへの設定を行う前にメールアカウントの追加の依頼を行ってください。
メールアカウントの追加に際しては、取得済みドメイン(例:example.com)の前にuser@の様に設定されます。

POP/IMAPサーバー名
(ホスト名)
別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
SMTPサーバー名
(ホスト名)
別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ユーザー名
(アカウント名)
別途ご案内のメールアドレス(ドメイン名を含む)を入力してください。

例)user@example.com
例)info@example.com
パスワード別途ご案内のパスワードを入力してください。
ポート番号POP995 (SSLを利用しない場合は 110)
IMAP993 (SSLを利用しない場合は 143)
SMTP465 (SSLを利用しない場合は 587)
SMTP/POP3/IMAP over SSLにおけるSSL3.0無効化について

2015/12/21より、セキュリティ対策の強化を目的としたSSL3.0の無効化が実施されています。

正しく設定しても接続ができない場合は、ご利用のメールソフトが当サービスで提供するSMTP/POP3/IMAP over SSLに対応していない可能性があります。
TLS 1.0に対応する最新のソフトウェアでご利用いただくか、SSLを利用しない接続での利用をご検討ください。

メール送信時の認証方式については、SMTP認証(SMTP-AUTH)を推奨しております。
メールソフトへのSMTP認証の設定については、ソフトによって異なりますが、「認証が必要」という項目や、「パスワード認証」という項目を選択することで設定が可能です。

当マニュアルでは、全てSMTP認証に対応した設定手順を案内しておりますので、次項の「各種メールソフトの設定手順」をご参照の上、設定を行ってください。

POP before SMTP方式による認証について

POP before SMTP方式による認証はすべての接続において利用することができません。
よりセキュリティの高いSMTP認証(SMTP-AUTH)での利用に限定しています。

メールソフトへの設定手順については、下記のマニュアルをご参照ください。