Windows8メール

メールアプリに設定するメールアドレスが、Microsoftアカウントと同じ場合は、以下のマニュアルをご参照ください。

Microsoftアカウントがメールアプリで設定するメールアドレスと同一の場合

Windows 8のメールアプリの受信形式は、IMAPのみに対応しています。
受信形式をPOPで利用したい場合は、他のメールソフトをご用意ください。

Windows8の「メール」をクリックしてください。

Windowsメールでアカウント設定を選択しているスクリーンショット

Microsoft アカウントを追加する画面が表示されます。
「メールアドレス」と「パスワード」を入力して『保存』をクリックしてください。

Windowsメールでアカウント設定を選択しているスクリーンショット
メールアドレスMicrosoft アカウントで登録したメールアドレス
パスワードMicrosoft アカウントで登録したパスワード

※Microsoft アカウントの追加が未登録の場合は“Microsoft アカウントを新規登録”にて事前に登録が必要です。

『保存』を選択後は該当する項目へお進みください。

「IMAP」を選択し、『接続』をクリックしてください。

『接続』をクリックしているスクリーンショット

追加設定希望のメールアドレス、別途ご案内したメール用パスワードを入力し、「詳細を表示」をクリックしてください。

「詳細を表示」をクリックしているスクリーンショット

下記を参考に情報を入力し、「接続」をクリックしてください。

「接続」をクリックしているスクリーンショット
メールアドレス別途ご案内したメールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
ユーザー名メールアドレス に入力したものと同じメールアドレス
パスワード別途ご案内したメール用パスワード
受信(IMAP)メールサーバー別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ポート993
受信サーバーはSSLが必要チェックを【入れる】
送信(SMTP)メールサーバー別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ポート465
送信サーバーはSSLが必要チェックを【入れる】
送信サーバーは認証が必要チェックを【入れる】
メールの送信と受信で同じユーザー名とパスワードを使うチェックを【入れる】
「[設定]ですべてを表示」をクリックしているスクリーンショット
「アカウント」をクリックしているスクリーンショット

「IMAP」を選択し、『接続』をクリックしてください。

『接続』をクリックしているスクリーンショット

追加設定希望のメールアドレス、別途ご案内したメール用パスワードを入力し、「詳細を表示」をクリックしてください。

「詳細を表示」をクリックしているスクリーンショット

下記を参考に情報を入力し、「接続」をクリックしてください。

「接続」をクリックしているスクリーンショット
メールアドレス別途ご案内したメールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
ユーザー名メールアドレス に入力したものと同じメールアドレス
パスワード別途ご案内したメール用パスワード
受信(IMAP)メールサーバー別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ポート993
受信サーバーはSSLが必要チェックを【入れる】
送信(SMTP)メールサーバー別途案内の「メールサーバー」情報を入力してください。 例)sv***.xserver.jp
ポート465
送信サーバーはSSLが必要チェックを【入れる】
送信サーバーは認証が必要チェックを【入れる】
メールの送信と受信で同じユーザー名とパスワードを使うチェックを【入れる】

マウスポインタを画面右下に移動させ、表示されたチャーム(黒帯部分)にある「設定」をクリックします。

SMTP認証設定方法1
SMTP認証設定方法2
SMTP認証設定方法3

画面中部の「送信メールサーバー」項目の下にある「送信サーバーは認証が必要」にチェックを入れます。

SMTP認証設定方法4